『岩』と『空』と

我が家の2代目ワンコは、福島から来た「銀ちゃん」。ここに元気で生きています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島犬「銀ちゃん」落し物チェ~ック

な~~んか落ちてないかな~~
SH3E05770001.jpg
福島の被災犬として保護された銀ちゃん

保護した思っているのは、勝手な人間な思い。
飼い主さんに会うことも出来ず
見知らぬ他人に捕まえられて、狭いケージに閉じ込められて、、
その後の血液検査やら持病検査やら手術やら、、、

居場所も落ち着かず、福島から四国の徳島へ送られて、、

1年半後、今度は飛行機に乗せられて寒い北海道へ、、、

恐怖心で心が捻じ曲がったって無理もないよ、銀ちゃん、、



母ちゃんと父ちゃんは、銀ちゃんを見ていて思うんだ。
ワンコはどの子もどの子も凶暴な心と素直な心をどっちも持ってるんだろうな~って。

それを静かに暮らせるようにして上げられるのは、やっぱり人間の方の覚悟だね。

今回はうちの父ちゃん大活躍だった。
心が折れそうになる母ちゃんを励まし、銀ちゃんに寄り添ってくれたね。

見事とうちゃんの願いが実って、最近、ま~~~おとなしいこと


先代の空も、2代目銀も、命が教えてくれることは大きいな~~。



福島のへ届け!!
被災したって、飼い主さんと会えなくなったって、頑張って生きてますよ~!!

にほんブログ村


ナイスピロー

なんとナイスな枕
SH3E0575.jpg
我が家のお譲ちゃんとお坊ちゃん
最近、ちょっとラブラブ

福島犬「銀ちゃん」とツーショット

換毛期で、抜け毛を振りまきながら歩くので、自宅シャンプーしました。
一回り小さくなった、、、

若干押さえ込みつつツーショット写真写してみました。
SH3E0573.jpg
ギャンギャン騒ぎまくっていた銀ちゃんも、いつの間にか
人がいるところへ来てくつろぐようになりました。

たまにびっくりすると歯を当ててきます。
そんなときは、玄関へ隔離です。

怒られていることは理解できます。
ギャンギャン吠えると入れてもらえないので、「キュ~~ンキュ~~ン」泣きます。

警戒心の強い外犬だったワンコとの暮らしは、簡単ではありませんが、
少しづつ少しづつ家族の一員になってきました。


福島へ届け!
北海道で元気に生きてますよ~~

にほんブログ村

福島犬「銀ちゃん」 きぐるみか、、、

二日間の無視作戦と二晩の独り寝作戦で、何かを悟ったのか、、、
なんと散歩帰りで、肉球まで拭けるようになりました
特に父ちゃんは上手で、前足一本拭くと自ら反対の手をヒョイと上げて拭かれてます。
もちろん、黙ってます。
ど~~~した?!銀ちゃん!!
銀ちゃんの姿をした他のワンコみたいだ。。。

ちょ~~~と、効き目ありすぎかな?
SH3E05650001.jpg

昨年秋くらいに、目の淵にダニを付けてしまいました。
ホームドクターさんへ初めて行きました。
ついでに狂犬病の注射もしてもらいます。

これが、大騒動!!

ギャンギャンギャンギャンギャンギャン


ドクターが必死に抱え込んで口輪をするまでが大変!!


福島で保護された(捕獲?)、銀ちゃんは抱えこまれる事に、ものすごく恐怖感をもっているはずなのだ。
保護されてから、フィラリアのチェックやら、手術やら、そのたびに
見知らぬ人に無理やり抱え込まれてきたと思うから、、、、


何もかもが怖かったんだよね、銀ちゃん、、、、




福島へ届け!
福島から来た銀ちゃん、北海道で頑張って生きてますよ~~

にほんブログ村



福島犬「銀ちゃん」連日のシャワー

雪解けが進んで、散歩すると銀ちゃんの足は、泥だらけ
雑巾で拭いていたけど、特に前足の肉球を触られるとギャンギャン、グルルル
しょうがないので最近は拭かずにお風呂に直行して、ババババとシャワー

それにしても、最近、ギャンギャン吠えることが多くなって、若干お仕置き。
昨日は、銀ちゃんの個室で一人で寝かされました。
キュ~ンキュ~ン、しばらくないていましたが、人間もワンコも我慢。
一晩過ぎたら、なんだか背中に哀愁が漂っております。


銀ちゃんがフードを全部食べられるようになった頃、私も食欲が戻ってきて、
双方共に落ち着いてきました。

父ちゃんが
「こいつは、特別にダメなワンコじゃないよ。普通のワンコさ。
犬の警戒心は、こんなもんなんだろう。気長にやれば、なんとかなるって!」と、、、

こっちが全面的に信頼していないのに、ワンコにだけ従順さを求めるのは、
間違っているのだね。

警戒心で三角になっていた目も、段々丸くなってきた~~


震災にも負けず、生きてますよ

福島犬「銀ちゃん」 before after

銀ちゃん、福島にいたときからか、保護されてからか、両前足の間接から毛が抜けて角質化していた。
銀4
我が家に来て、1ヶ月半の時はまだまだこんな感じ、、、ところが、、

あきらめていたのに、うっすら毛が生えて目立たなくなった。
こんな風に心も少しづつ少しづつ辛いことや、悲しいことを忘れてくれるといいんだけど、、、。


さてさて、徳島から迎え入れたはいいけど、どうすりゃ~懐いてくれるの?
途方にくれる毎日、、、、
でも、いまさらお返ししますとは言えないんだから、なんとかしなくちゃ!!

ネットで勉強したしつけの為の散歩の仕方から実践!
ワンコの思うがままに歩かせず、こちらのリードであっち行ったりこっい行ったり、グルグル回ったり、、
こりゃあ疲れるワン。
でも、その甲斐あって少しづつ散歩らしくなってきた。
お父ちゃんは、朝晩の散歩を毎日欠かさない。
チタナイ毛は、寝ている時に泡のシュンプーで拭いてみた。
若干、サラサラヘアーになってきた。

先代のワンコがなんせ出来たワンコだったんで、ワンコにこんなに手が掛かるなんて、、、
友達のパグママが、
「大丈夫!散歩させてもらって、ご飯もなんの心配もなく食べられることがわかれば落ち着くよ!
犬は群れの動物だから、いつか家族になれるって!」と励ましてくれた。

ホント?

じゃあ、それを信じてがんばるゾイ


北の大地で生きてます

福島犬「銀ちゃん」の得意ポーズ

ちょこなんと座ってお手手がクロス。かわいいでしょう~~



さて、長旅を終えて我が家に到着した「銀ちゃん」。

まず、困ったことが、、、、
、、、、触れない!触るとギャンギャン

臭いチタナイ首輪をはずしたら、今度は付けられない!
触るとギャンギャン

触れないし、毛がチタナイ!臭う!近寄れない!
ヨシヨシも抱っこもしてやれない。

見知らぬ場所に来て、警戒心100㌫でご飯も食べない。
そしてわたしも、見知らぬワンコがやってきて、ストレスでご飯が食べられなくなった。

わたし、これからど~~すんの~~~(去年の8月のことだよ!)


「銀ちゃん、生きてますよ~~

3月27日の福島犬「銀ちゃん」

すっかり留守番にも慣れた今日この頃!
番犬のお仕事もすっかり休業状態で暇だワン


2012年8月1日に、四国徳島の愛護団体に保護されていた銀ちゃんは、
伊丹~羽田~新千歳で飛行機に乗ってやってきました。
ケージの中の「銀ちゃん」は、目を吊り上げて、ギャンギャン吠えておりました。

先代のワンコが全く吠えないワンコだったので、
家族全員、、、あれ?ワンコって吠えるの?予想外!!

ま~~落ち着いたら、また穏やかなワンコとの生活が始まるだろう、、、
などどノウテンキに構えていたら、オ~ マイ ゴ~~


「元気に生きてますよ~~

福島県から来ました♪

SH3E05500001_convert_20130326200947.jpg  SH3E05530001_convert_20130326201022.jpg  
舌に黒い斑点があります。
原発事故から1ヵ月後、双葉郡で保護されました。(町名は不明)
2011年3月の震災で飼い主さんと離れ離れになった福島のワンコです。
2012年8月から道産子です。
名前は「銀」になりました。今も元気に生きてますよ~。

福島の犬




昨年の8月に、原発事故で避難した家族と離れ離れになったワンコを引き取った。
眉間にシワ寄せて、威嚇していた「銀」も穏やかに暮らせるようになった。

前の飼い主さんは今も避難されていると思う。
たぶん、帰れない場所だと思う。

だから、福島の家に置いてきたワンコを気に掛けていると思う。
もう生きていないんじゃないか、、、って、、、
置いてきちゃったことを後悔してるんじゃないかと思う。

だから、伝えたい。
ちゃんと生きていますよ。
元気ですよ。
かわいいですよ。
安心してください。
最後まできちんと責任持って一緒に生きていきますから、、と。

誰か伝えてもらえませんか。。。。
13kgくらいの中型犬で、舌に黒い斑点があります。

«  | HOME |  »

福島の地に届け!銀は福島犬。元気に生きてるよ♪

SH3E05500001_convert_20130326200947.jpg  SH3E05530001_convert_20130326201022.jpg  

最新記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

≪みんなの柴犬≫

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。