『岩』と『空』と

我が家の2代目ワンコは、福島から来た「銀ちゃん」。ここに元気で生きています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メラノーマ 闘病9

食べ物に顔をそむけ水しか飲まず弱った空が、突然食べ物に興味をしめした。

それは、お魚のさしみ。


もう食べることはないと思っていたので、びっくりした!


腫瘍が邪魔で自分では食べられず、左の方から口の中に入れてやるとムシャムシャと
二切れだけ食べた。



食べさせれば延命できるのだろうか、、、
でもどんどん悪化する口腔内の腫瘍はどうなるのか、、、

それとも、少しでも腫瘍を切除できたら食べられるようになるのだろうか、、、


私は、何をしてやれるのか、、、


その時、大学生の娘が
「今の空に切除することに耐えられるの?
 少しだけ、良くなっても同じことの繰り返しだよ。
 もう運命に任せようよ」と、、、、


同じような症状に苦しんだ飼い主さんのブログを読んだ。

不治の病の猫ちゃんが食べられなくなって弱ってきた。
人間の手から食べさせて延命は叶ったが、そのせいで肺転移をしてしまった。
最期は呼吸困難になり、苦しんで亡くなった。
動物は自分で食べられなくなった時に、覚悟を決めて静かに最期を待つのに
自分がその機会を奪ってしまったのだ、と書いてあった。



栄養補助食とお水のお皿を並べて置いて、空の欲求に任せることにした。



空の下顎の腫瘍はさらに自壊し、歯も浮いてきている。
犬歯も長く見えるようになってきた。
異臭は、激しさを増してきた。

なんと過酷な病気だろうか、、




5月19日 ホームドクターさんへ

別な抗生剤を出してもらった。
経口薬の鎮痛剤も。

家族でさえも、顔をそむけるほどの体液を漏らす空を先生は素手でさわって
口を消毒してくれた。
目を合わせて、頭をなでて、頑張ってるな~って褒めてくれた。


焼け石に水かも、、って言われた抗生剤が効いて、臭いが軽減されてずいぶん楽になった。

同時に鎮痛剤も飲ませて、水を飲みに行く時とオシッコをしにいく時に起き上がる以外
空はまどろみの中にいることが多くなった。
肺転移は、まだなさそうだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://petegari.blog85.fc2.com/tb.php/351-738b02ee

 | HOME | 

福島の地に届け!銀は福島犬。元気に生きてるよ♪

SH3E05500001_convert_20130326200947.jpg  SH3E05530001_convert_20130326201022.jpg  

最新記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

≪みんなの柴犬≫

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。