『岩』と『空』と

我が家の2代目ワンコは、福島から来た「銀ちゃん」。ここに元気で生きています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メラノーマ 闘病6

4月18日に放射線治療を受けてからの副作用は、とても重いものだった。

食欲も戻らず、ほとんどを寝て過ごす。

ワンコは、健康なら時々寝返りをするものだが、それもなくただぐったりと寝ていた。


そのうちに咳をし始め、痰がからみ、グルグル言い始める。


とうとう、肺転移が始まったのだ。


空の死を実感する。
毎日毎日、泣いて過ごす。

何とか食事をさせようと好きなヨーグルトなどを口に運ぶが、ほんの少し舐めるだけ。


泣き顔を見せないようにするが耐えられない。


4月25日、大学病院の予約日 空を連れていく。


肺転移したと思う。
もう治療はしません。


ところが、相変わらず肺転移はなく全身状態は悪くありません、との事。


では、この咳は??


多分、気管支への放射線の影響でしょう。
炎症を起こしていると思います。


この日は治療することなく帰宅。
GWを挟んで元気が出てきたら、治療を開始しましょう、と言われる。


でも、治療できるほどに回復することはなかった。


空の状態は、どんどん悪化し、寝ていて震えだすこともあった。

あわてて、ホームダクターさんへ連れて行く。

放射線の副作用か、癌細胞が全身を蝕んでいるのか、これまでの治療が蓄積されてのことか。。
つい1週間前までは、ちゃんとご飯を食べて散歩してたのに、、、どうしてこんなことになってしまうのか、、


ビタミンや水分など、皮下注射をしてもらう。

これで食欲が回復してこなければ、そんなに長くないかもしれませんね、との事。

まずは、GW明けるまでを目標にしましょうと言われる。


空の最期を実感し、どうしたら苦しまずに過ごさせることができるのか
そればかりを考えるようになる。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://petegari.blog85.fc2.com/tb.php/348-9378171a

 | HOME | 

福島の地に届け!銀は福島犬。元気に生きてるよ♪

SH3E05500001_convert_20130326200947.jpg  SH3E05530001_convert_20130326201022.jpg  

最新記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

≪みんなの柴犬≫

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。