『岩』と『空』と

我が家の2代目ワンコは、福島から来た「銀ちゃん」。ここに元気で生きています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メラノーマ闘病 1

愛犬の口の中に、腫瘍を発見したは2011年10月の末

遊んでいて、ニーっって空が笑ったときに口の右の歯茎に普段見えない肉の塊

奥歯なので、口をあ~~んて開けないと全く見えない場所だった。


灰色の不安が心に広がる




次の日、早速ホームドクターさんへ診察に行き、切除して病理検査することにする。


1週間後の検査結果は悪性

それもメラノーマ   メラノーマの中でも口腔内の腫瘍は超極悪


治療しなければ、半年から1年と言われる。


その意味が実感として伝わらない。



腫瘍の大きさが2センチ以下なので積極的化学治療を受けることを勧められる。


大学病院を紹介された。次の週に予約が取れた。



大学病院では、骨膜まで切除し骨の状態などを診断することになった。


その時点では、肺転移・リンパ転移・骨転移はなかった。


すぐに下顎を取という案を提示されたか、今となっては思い出せない。
その時点では、放射線照射もなし。

そんなに状況としては悪くなかった。


経過がよければ余命3年くらいと言われる。


それが2011年11月中旬。


2011年は悪性の病を発病したが、とりあえずは元気なまま新年を迎える。


このあたりまでは、治らないという言葉が頭をよぎっては、打ち消す。

うちの子だけは治るんだと思っていた。


空は、普通に元気!








スポンサーサイト

コメント

異常を見つけ、病名が判った時私もそうでした。
うちの子だけは「治る」と...いや、そう信じたかった。
いきなり降って沸いた現実に、意味など解るほどの時間などないですよね。
ごめんなさいね...自分の時と重なってしまって

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://petegari.blog85.fc2.com/tb.php/342-1826fed0

 | HOME | 

福島の地に届け!銀は福島犬。元気に生きてるよ♪

SH3E05500001_convert_20130326200947.jpg  SH3E05530001_convert_20130326201022.jpg  

最新記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

≪みんなの柴犬≫

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。